ブログ

blog

アンチエイジング

こんにちは、調査員のHです。
唐突ですが僕はいつも「若い」と言われます。
特別なことをしているわけではありません。
ただ、バランスの取れた食事、充分な睡眠、適度な運動をしているだけです。
本当にそれだけなんですが、僕が年齢を答えるたびにみんな異常に驚くんですよ。
「若~いっ!信じられない!!10歳以上若く見えますよ!!」という具合です。
しかし、僕はですね、本当はアンチエイジング的なものに憧れってないんですよね。
どちらかというと、カッコよく歳をとりたいと思っているんです。だって、若さって確実に失うものですよね。そんなものにいつまでもしがみつくより、年齢にふさわしい経験からくる知恵や知識、教養、そして老獪さを身につけたいと思っています。
カッコ良い若者よりもカッコ良い爺さんになりたい。
理想の爺さん像はドラゴンボールの亀仙人です。初期の最強キャラでかつお笑いキャラ。途中からは誰にも頼られず悠々自適。けど、教育者としては最高じゃないですか。
宇宙一と地球一の強い男を育ててるんですから。
ファンキーなところがあって、初期においては一通りのことを経験している亀仙人は僕のメンターです。亀仙流の修行理念も最高でした。「よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べ、よく休む」というように。修行というより、正しく生きることを説いてるかのような……。
閑話休題。
一応世間的には「若く見えた方が良い」という風潮があるようで、「どうしたらHさんのように若いと言われるようになりますか?」という質問をよく受けるのでお答えしたいと思います。
僕は年齢を聞かれたらですね、
「68歳ですよ」と答えるようにしています。みんな目を丸くして「髪ふさふさですね」とか「シワがない」とか「声が若い」など言われます。
それはそうでしょう。
僕はそれより20以上若いので……。
これはバカバカしい話ですが、先入観って怖いと思いませんか?
僕が60代だと言えば若いと判断され、20代だと言えば老けてると思われるはずですよね。実際の僕の年齢や見た目は変わらないのに、受け取った情報により評価が変わるわけです。
世の中、「○○そうだけど、実際は○○だ」ということばかりだと言っても過言ではありません。
「真面目そうな人ほど、陰で浮気している」かも知れないし、「浮気してそうで、やっばりしてる」ということもあります。
自分のパートナーのことだからこそ信じたいという気持ちも非常に分かります。反対に、調査した結果、「完全に思い込みだった」ということもゼロではありません。
しかしながら、僕の中でこんな言葉を大切にしています。
「直感はちょいちょい外れることあるけど、違和感は外れない」
後で考えると、確実に悪いサインが出ていて、自分も薄々それに気付いているなんてときがあります。小さい違和感を見過ごしてしまうんです。小さい違和感をきちんと拾い、言語化します。
「今回のこの様子や発言はちょっと筋が通っていない」と、そう口にするだけで良いです。小さい違和感をいくつも集めると、それが伏線となり得ることに気づきます。
その違和感は是非、日記として記録してください。
気をつけて欲しいのは、「事実」と「印象」は分けて考えてください。「客観」と「主観」と置き換えても良いです。
まずパートナーの出勤時間、帰宅時間、残業日、出張日などを基本的事項は当然記録します。
ここから少しリスクが上がります。パートナーが入浴しているときなど、安全な時間を使って、財布の中のレシート、現金の減り具合をチェックします。
次に、車のドライブレコーダー、走行距離をチェックします。 そういう数値的な事実を記録しつつ、本人が申告している行動との矛盾点を見つけます。給料明細などと照らし合わせる事も良いですね。
「なんか言ってることとやってることの辻褄が合わないな」と思えば、詳しく記載ください。この日記と調査報告書との照合することで、不倫の裏付けを行うことが出来ます。
追記。画像はVRにハマる長女の図です^_^