ブログ

blog

ストーカー対策

こんにちは。調査員のHです。秋らしくなってきましたね。朝晩肌寒いです。
皆様も体調を崩さないように気をつけてくださいね。
20年近く前になりますが、以前弟の友人と某SNSで繋がり、こんな相談(というか話)がありました。
その友人を仮に「ヒロシ」としましょう。当時東京に住む二十代前半の好青年です。
あるとき、ヒロシの一人暮らしの自宅に封筒が届きました。
送り主は「○○県△△市◻︎◻︎町…」と番地まで書いてあり、名前は「田代栄治」とありました。名前は適当です。○○県はヒロシとしては全く縁もゆかりもない地方だったようです。名前も見覚えがないので、訝しがりながらも封を開けると、そこには「先輩、お久しぶりです!自分は○○大学でバスケ続けてます」「良かったら、今度東京行くんで飲みにいきましょう!」などと書いてありました。
確かにヒロシは中学高校とバスケをしていたのですが、どうもこの田代という人物の記憶がないので、かつての部員名簿や後輩に連絡をとって調べましたがこの人物については分からずじまいでした。
話はさらに1年ほど前の大学生だった頃に遡ります。
ある日、知らない番号から電話がかかりました。出ると相手は全く知らない女の子で、どうやら間違い電話だったようです。恐らく合コンか何かで、男の子と連絡先を交換したけど嘘番号だったという話のようでした。
それからその子と電話やメールをするようになりました。気も合うメル友といった感じで少しずつ仲良くなったようです。この女の子を理恵とします。
しばらくしてヒロシには彼女が出来たので、そのことを理恵に報告すると、急に態度が変わり「じゃあ私は何なの?遊びだったの?!」となったようです。その後のメールで何度も同じような内容が送られてきました。「騙したの?」「私とは遊びだったの?」「すぐ彼女と別れて!」と。
ヒロシはきちんとメールで「理恵のことはメル友としては好きだけど、それ以上の感情はない。今は冷静にやりとり出来そうにないからしばらく距離を置きましょう」と送ると、日に数十件も同様のメールが入るようになり、ヒロシは携帯電話の音が鳴るのも恐怖症のようになり、とうとう携帯電話を変えて、平穏な日々を取り戻すことが出来たと。
しかし、今度は住所を教えてないにも関わらず自宅に手紙が送られてきました。ヒロシは封も開けずにそのまま引き出しに仕舞い込みました。
その後ヒロシは大学を卒業し、就職した際に東京都内の別のアパートに引っ越しました。
数ヶ月後、、、そこで冒頭の「田代栄治」からの手紙が届いたというわけです。
ヒロシはふと、以前届いた理恵からの封筒を探してみました。
そこには「○○県△△市◻︎◻︎町…田代理恵」と書かれてあったのです。つまり、理恵はヒロシからの返事を貰うために実際の住所と名字を使いながらも、後輩を装って手紙を書いていたようです。中身は気持ち悪くて読みませんでしたが、筆跡も同じだったと。
そこでヒロシは初めて気付きました。
田代栄治からの封筒の方には切手が貼られてなかったのです。

という、話でした。
蛇足ですが、直接自宅までやってきて、郵便受けに入れたのでしょう。その後、転勤になってからは何もないようですが、出会いのきっかけである間違い電話も偶然ではなかったのかも知れませんね。

因みに私の亡くなった母も30代から50代にかけて、およそ15年間ストーカー被害に遭っていました。ストーカーというか変質者でしたね。下着泥棒をし、わざわざ電話で報告してくるような相手でした。また、別の男から変な電話がかかって来ることもありましたが、どうやらある競馬場のトイレに我が家の電話番号と母の名前、そして主婦売春しているかのような落書きがあったことが分かりました。当時、ナンバーディスプレイが普及し始めていたので、我が家も導入したのですが、ストーカーは公衆電話からかけてきていたのでなかなか尻尾が掴めませんでした。
何度か警察に相談していたのですが、あるとき担当者が変わってから逮捕までが早かったです。私と母はマジックミラー越しにストーカー犯の顔を確認しましたが、全く見たことない男でした。たまたま近所の工事現場で働いたときに母を見つけて、ストーカー行為に及んだということでした。

皆さんの中にはストーリーや付きまとい被害に遭われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
SNSでの写真投稿なども気をつけなければなりません。
ある女子高生の投稿画像の自撮りを拡大し、瞳に写る景色や電柱から住所をつきとめるストーカーもいるようです。
今回はストーカーに対する自衛について少しアドバイスさせていただきます。
いろんなパターンはあると思うのですが、ストーカーや嫌がらせ犯は、小さいアプローチから徐々にエスカレートしていく傾向にあります。ということは、小さいアプローチの段階から未然に防ぐという発想が必要になります。
まず、私がオススメしたいのは、人感センサー付きのサーチライトを自宅に数カ所設置するということです。門や駐車場、庭やベランダなどにつけると効果があります。
私には、妻も娘もおります。門から入るとすぐ横に風呂場があるので、効率的に配置してます。
サーチライトは皆さんも近所で見かけたこともあるかも知れませんが、一瞬でかなり強い光が出ますので、牽制の効果がありますね。ストーカー以外の防犯にも役立ちます。
侵入者の心理として、サーチライトを設置している家庭では、防犯カメラも設置されていると考えるものです。
防犯カメラはコストがかかりますが、ダミーの防犯カメラというのもあります。サーチライトがあれば、ダミーの防犯カメラを目につくところに設置するだけで、かなりの効果が期待出来ます。
また、一軒家などでは、庭や玄関先に防犯砂利を敷き詰めるということもオススメです。これは通過すると、通常の砂利よりもやや大きめな音がなる仕様になってます。また、庭の雑草でお困りのお宅は、除草剤シートを庭に敷き、その上に防犯砂利を敷き詰める方法もあり、こちらはまさに一石二鳥です。
このようなアドバイスや、実際に防犯機材の設置も私たちの仕事になります。
是非ご相談頂ければお役に立てると思いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。