ブログ

blog

ご近所トラブルと防犯

こんにちは。調査員のHです。
もう年の瀬ですね。今年はまさにコロナ禍で本当に大変な1年でした。
昨年の今頃はまさか2020年がこんな年になるなんて思いもよりませんでした。
皆様が1日も早く、日常を取り戻せることをお祈り致します。
さて、よく話題にのぼるテーマとして「持ち家・賃貸論争」というのがあります。持ち家を所有するのと、一生賃貸住宅に住むのはどちらが良いか?という話です。これについては、結論はズバリ「その人の価値観やライフスタイルによる」の一言に尽きると思います。同じ地域にずっと住み続けるなら、持ち家の方が経済的に良いという指摘もあるし、買うなら中古が良いという意見もあります。その辺は何が正解というのは一概に言えないのかなとは思います。
しかし、持ち家の場合、どうしても付きまとうリスクというのが存在します。
それは「ご近所トラブル」です。世の中、価値観が合わない方もいますよね。
このご時世、煽り運転や飲食店などでマスク拒否のトラブルを起こす人がいます。一生懸命働いて、やっと建てたマイホームの隣に、マナーの悪い人が引っ越してきたと考えたらゾッとしませんか?賃貸の最大のメリットの一つとしていつでも引っ越しが出来ることがありますね。実際、隣にトラブルメイカーの方が来たのなら、引っ越しという選択肢がすぐに浮かびます。しかし、持ち家だとなかなか簡単にはいきませんよね?
一般的によくあるご近所トラブルは、異臭やタバコの煙、騒音、ゴミ出し、ペットの飼い方、植栽が隣家にまで伸びるといったものが多いですね。また、人間関係に関するものなら、イベントや地域の集まりにおけるトラブルや宗教の勧誘にまつわることなどもあります。一説によると、10数年前に世間で話題になった「騒音おばさん」は、実はある宗教の勧誘を断ったことが原因で近所から虐められ、ノイローゼになってしまいあのような行動に出たという話もあるようです。立場を変えて物事を見ると色々あるのかもしれませんね。
僕の家の近くでも、ある裏道沿いに住んでいる男性が、家の角にわざとブロックを積み重ね(公道にはみ出してます)、そこを車が通りにくくなるようにしていてトラブルになるようです。当然、ガリっと車を擦ってしまうドライバーもいます。これは家主の境界意識の強いケースだと思われます。僕もその男性の自宅前はたまに通るのですが、「わざわざこんなコーナーにブロックを斜めに積み上げなくて良かろうに」と思います。その方はそれ以外も何かとトラブルを起こしていると聞きます。
先ほど挙げたご近所トラブルとは、最初のきっかけに過ぎません。隣の子供がうるさいとか、ゴミ出しのマナーが悪いというのは、周囲の人からすれば迷惑なのですが、本当のトラブルはここから始まります。
「相手からクレームをつけられる」あるいは「こちらがクレームをつける」ということが、「悪意ある嫌がらせ」に発展することもあります。中には自転車のタイヤに穴を開けられる、鍵穴に接着剤を詰められる、飼い犬が危ない目に合いそうになるということもあるようです。非常に悪質です。ご近所トラブルがきっかけで殺人事件が発生するという最悪のケースになることだってありますよね。
僕の団地にも、数ヶ月もの間、数軒隣の家に住む公務員の方から玄関にゴミを撒かれたという事件がありました。これも、もともとはゴミ出しのことでルールを守らない家に注意したのがきっかけだったようです。この場合は、被害者が玄関に防犯カメラをつけたことで犯人がわかったようですが、ほんの数軒隣の家の公務員さんが仕業だとわかったとき、家主はぞっとしたことでしょう。もちろん逮捕されましたし、その一家は引っ越すことになりました。可哀想なことに、そのお宅のお子さんは転校するはめになったようです。
こういったトラブルを避けるための手段としては、いきなり本人にクレームを入れるのではなく、町内会長やマンションなら管理会社などを通して伝えてもらうのが賢明だと思います。逆恨みされるリスクが減少します。
それでももし嫌がらせを受ければ当然すぐに気づくでしょうから、まずその対策としては、先程も挙げました防犯カメラが有効です。コストはかかりますが、こちらは犯人をきちんと押さえるために必要です。そして、抑止のために必要なものとしてはサーチライトがございます。以前も書きましたが、サーチライトのある家庭は防犯カメラを設置している可能性があると犯人は感じるため、犯行を躊躇する抑止効果が期待出来ます。
しかし家庭用防犯カメラは近年解像度が上がってきているとはいえ、例えば夜間に対応していなかったり、遠距離が弱いという場合があり、またカメラの方向や設置場所も個人で設置するのは難しい点があるかも知れません。当然犯人の顔をきちんと押さえないと、証拠能力も低くなります。
私たちにご相談いただければ犯人の特定はもちろん、その後の対策についてもいろいろアドバイス出来ると思います。嫌がらせにより、せっかく手に入れたマイホームを手放すなんてことがあってはいけません。
一人で抱え込むことはせず、是非、ご相談ください。
それでは皆様、今年も大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします!!
追記:画像は近所のマルシェで催された「多肉植物植え」です。