秘密厳守について

探偵業や興信所の個人情報保護に関しては個人情報保護法や探偵業法にて明記されており、
イッシン福岡では法に則り調査及び各種手続きを行い、厳重な管理の下で個人情報を扱っております。

  1. 1.利用目的

    ご依頼者さまより提供された情報は調査以外の目的では利用しません。

  2. 2.保存期間・保管方法

    調査にて利用した情報や知り得た情報は、ご報告後に定めた期間を過ぎますと削除し復元できないようになっております。
    個人情報データベースを保有せず、厳重なセキュリティ管理の下で保管・保護し、情報の漏洩や滅失の予防を行っております。
    また、個人情報を扱う全ての従業員へ教育を行い、監督しております。

  3. 3.第三者提供の制限

    当社が知り得た情報をご依頼者さまの同意なく第三者へ提供することはいたしません。

  4. 4.調査情報の扱い

    調査で知り得た情報が社会差別、ストーカー、配偶者からの暴力に関わる内容である際はこの情報を扱いません。

探偵業法とは

探偵業法が制定されるより以前は、探偵業及び興信所などを規制する法律はなく、数ある調査会社の中で一部の悪質な業者が探偵業界のイメージを損なうような営業をしているケースがありました。そこで、きちんと法律を守り誠意を持って依頼者様と向き合っている探偵業社「(一社)日本調査業協会」が結束し法整備を呼びかけたことにより、議員立法にて平成18年6月に制定され、平成19年6月に探偵業法が施行されました。
平成28年3月には「探偵業の業務適正化に関する法律等の解釈運用基準」が更に新しくなり通達され、探偵業界の法の整備も日々進化しています。
これにより探偵業に関する業務の適正化を図り、契約内容に関するトラブルや、違法な手段による調査、個人情報を利用した恐喝などの規制ができるようになりましたが、現在でも法律を遵守せずトラブルに発展している業者がいるのは事実です。
探偵社や興信所を選ぶ際はぜひ、きちんとした協会に加盟しているかも参考にされてください。