浮気のサイン

浮気をしている人は決まって、別れ話を持ち出す時に相手の短所を指摘してきます。

「あなたに原因がある。だから別れたい」「何度も注意したけど直してくれなかった。だから別れる」こう言われてしまうと誰しもが、自分に非があると思い込んでしまい、自分の悪いところを直せば元の関係に戻れるかもしれないと考えます。

ですが、冷静に考えてみてください。人が長く続けてきた関係を急に断ち切るということは、何か心に大きな変化があったか、気持ちが変わる出来事があったからです。

このような状況から、浮気調査を行ってみると約9割の方に浮気が確認されています。
浮気をしている当人は「好きな人ができた」とは口が裂けても言えませんし、浮気相手を守るためにも絶対に本当のことは言いません。

浮気をしている人の状態

「浮気脳」になってしまった人の特徴

浮気をしている人は1日の中で長い時間、脳が刺激されている状態となり、興奮状態が原因で感情が抑えられなくなっています。倹約だった方がいきなり服やアクセサリーを無作為に買うようになり、子煩悩だった方が子供に無関心になる傾向にあります。
このような人の考え方、脳の状態を「浮気脳」と言います。

「浮気脳」になった人はどんなに家族が苦しんでいても、子供がどんなに寂しがっていても何も感じなくなります。生活費を家庭に入れないどころか、借金をしてまで浮気相手とのデートを優先し、お金を注ぎ込んでしまうことも多いのです。

浮気脳になってしまった人には、こちらがいくら冷静に訴えても、諭しても、何も心には届きません。また、無理に浮気をやめさせようと行動を起こすと激昂し、離婚に対する気持ちを強めてしまいます。

イッシン福岡のアフターフォロー

イッシン福岡では慰謝料請求を前提として、
調停や裁判で使用できる報告書の作成に加え、復縁を目指す方の応援をしております。

浮気相手と別れてほしい。家族としてもう一度やっていきたい。と願っている方へ、22年の経験を活かしアフターフォローを行っております。
当社では復縁に実績があります。以下、成功例と復縁に関する心構えをお書きします。
(当社では別れさせ屋行為は行っておりません)

調査結果を基にした復縁方法

調査結果を基にした復縁方法

調査が終わった後、浮気相手( 以下、Aと記す)の配偶者(以下、Bと記す)に事実を伝え、Bに協力してもらう。
BからAに不倫関係を止めるよう説得してもらう。また、場合によってはBが探偵社に依頼したことにしてもらう。
※メリットは、依頼者様が探偵社に依頼した事を内緒にできる。デメリットは、Aへの慰謝料請求が厳しくなる。

Aが未婚者だった場合

依頼者様がAに直接交渉する。
①依頼者様がAに慰謝料請求をしない代わりに、何かしらの口実を付けてAから依頼者様のパートナーに別れを告げてもらう。
※メリッとは、Aが協力すれば自然な形で別れてもらえる。デメリットは、Aが依頼者様のパートナーに告げ口する場合がある。

②依頼者様ご家族の生活状況(お子様のことなど)をAにお話し、Aの良心に訴える。別れてもらう

Aに複数の交際相手がいた場合

依頼者様のパートナーに、そのことを伝え、気持ちを覚めさせる。

復縁で気を付けること

パートナーの意思も尊重すること。むりやり話合いをしないこと。

ある程度、浮気の証拠を持っている方にありがちなことは、ここまで証拠がそろっているのだから、
浮気を認めるだろうし、浮気を止めてくれるだろうと思っていることでしょう。
しかし、こうした状況で話合いをした場合には、大半がただの友達と言い切られ、もっとバレないように浮気を継続します。
一度覚えてしまった遊びを止めさせるには、中途半端なやり方では解決しません。
復縁を求めているのなら、まずはその原因を絶ちきることから始めるべきです。言い逃れの出来ない証拠を取ることが必要です。
実態(浮気の内容)さえ見えてくれば、パートナーの気持ちを感じる取ることができ、
どのくらいの距離感をもってパートナーと接していけばいいのか分かってきます。

浮気相手と別れてもらった後の、関係修復には時間が必要!

パートナーが浮気相手と別れたからといって、一度、冷めた関係は直ぐに元には戻りません。
こちらがあせって求愛すれば、相手はこちらを鬱陶しく感じてしまいます。
「パートナーの心を今すぐにでも取り戻したい」と思っていても焦りは良くありません。
復縁を成功させるには、時間・距離感・相手のタイミングに合わせること。
相手が歩み寄ってきたときに一気に距離を詰めたり、話合いに持ち込んだりせずに、相手の話を聞くだけの時を過ごしていく。
こういった流れが作れると、パートナーは自分の見方を変え、もう一度やり直せるかも、と感じてくれます。
苦しくても、パートナーが心の隙を見せてくれるまでは待ち続け、ゆっくりと関係を修復していくことがベストです。

  • 実態をきちんと把握する。
  • 証拠を取る/対応策を練る。
  • 自然な流れで不倫を止めさせる。
  • 夫婦関係の修復をゆっくりと行う。

自分自身のことに、冷静になるということは非常に難しいと思います。
しかし、この4つの項目を着実に押さえることで、関係の修復がうまくいきやすく成ります。
心のケアと、その後の人生まで、イッシン福岡は応援させていただきます。